男性 趣味(定期的に長年ライブ活動)

学生時代から部活でアメリカのカントリー音楽を中心に歌い、社会人となってからもライブ活動をしていましたが、歌の基礎を勉強したことがなく、いわゆる自己流で歌っていたにすぎませんでした。
音域も狭く、自分の声自体もあまり好きでないし、歌も一向にうまくならないのに嫌気がさし、時間的に余裕ができてきたころに、ボイストレーニングでもやってみようかという気になりました。
そして今までいろいろな先生に指導を受けたのですが、ボイトレとは言うものの、腹式呼吸のしかたや、よくある「あああああ~(ドミソミド~)」程度の発声練習を毎回繰り返す程度で、自分の目的とはかけ離れたものでした。
そして、もうやめようかと思っていた時に出会ったのが藤本先生でした。
まず声の音質の違いからはいり、声帯や喉の解剖学的な話まで、いわゆる地声(=チェストボイス)から裏声(=ヘッドボイス)につなげる練習など、
今までには全くなかった初めての体験でした。そして英語のヘタな発音をなおされることしきり。
とてもわかりやすい教え方で、理屈っぽい私にはぴったり。
もっと早くこの先生に出会っていれば良かった。今までの数年間はいったい何だったのかと思うほどです。
物忘れの多い年齢となり、同じことを何度も注意され、上達も遅いのですが、(先生は嫌な顔一つされませんが、きっと心の中ではこのボケオヤジと思っているでしょう(^_-)-☆)
おかげさまで、音域も広くなり、今まで歌えなかった歌が歌えるようになったと実感しています。
まだまだ悪いところが多く学校の成績で言えば、かろうじて落第しない程度だと思いますが、これからも先生のご指導でもっともっと歌がうまくなりたいと思っています。